トランプの51

トランプゲームには数やマークを揃えるゲームがいくつかあります。その中には、役が決まっていて役により点数が与えられるゲームがあります。しかし、役があるゲームだと覚えるのに大変なことがおおいです。しかし、中には役がなくて簡単に遊べるゲームもあります。その一つが「51」というゲームです。そこで、今回は「51」の遊び方について紹介していきたいと思います。

「51」はこんなトランプゲーム

場に置かれた5枚のカードを取っていき、5枚の手札を全て同じマークにそろえていくゲーム。各カードには点数が決められていて、誰かがコールした時点で一番強い人が勝ち。

ゲームの概要

  • 道具:トランプのみ
  • 使用トランプ:53枚(ジョーカー1枚含む)
  • 難易度:★★☆☆☆
  • 推奨人数:2~6人程度
  • こんな人にオススメ:じっくりプレイしたい方


「51」の基本の遊び方

ゲームの目的

手札をルールに従って交換していき、得点の高いマークを5枚全てそろえていく。
(以下に説明する「ストップ」がコールされた時点で手札のカードのマークがそろわなかったら0点になってしまう。)

※得点表は以下の通り。

51のやり方_01
51のやり方_02

  1. カードをシャッフルし、各プレイヤーに5枚ずつ手札を配る。
  2. 51のやり方_03

  3. 残ったカードは中央に山札として裏面を上にして置く。
  4. 51のやり方_04



  5. 各プレイヤーは山札から5枚カードをとり、場に表向きに置く。
  6. 51のやり方_05

    (以降、各プレイヤーは手札のマークを揃えていき、以下の点数の勝敗を競っていく。)

  7. 各プレイヤーは必ず手札1枚と場札1枚を交換する。
  8. 51のやり方_06

  9. 2巡目以降は以下の4つのいずれかの行動を行う。
  10. ・手札1枚と場札1枚を交換する。

    51のやり方_08

    ・手札5枚と場札5枚を全て交換する。

    51のやり方_09

    ・場札を流して山札から5枚のカードを引き、場札とする。

    51のやり方_10

    ・パスをする。

  11. これを繰り返していき、各プレイヤーは自分が勝てると思った時に「ストップ」とコールをする。
  12. 51のやり方_11

  13. 「ストップ」がコールされたら、他のプレイヤーは1回手札が交換でき、全員に順が回ったらゲームが終了する。
  14. 51のやり方_12

  15. 全員の手札の得点を比べていき、1番得点が大きい人が勝ち。
  16. 51のやり方_13



ポイント

  • 他プレイヤーに「ストップ」がコールされる前にマークを揃えておく。
  • 山札がなくなった場合は、流した札をシャッフルして山札とする。

禁止事項

  • 他プレイヤーの手札は見ない。

ローカルルール・追加ルール

  • ジョーカーを2枚入れる。
  • ジョーカーは10点とする。
  • 2巡目以降もパスを禁止とする。
  • 「ストップ」をコールした人は得点が1位でなかった場合に最下位となる。


「51」のトリビア

  • 最高得点が51点となることから「51」という名前になった。

おわりに

今回は「51」というトランプゲームについて紹介していきました。「51」はカードを揃えていくゲームにもかかわらず、役などがないためルールが簡単で分かりやすいゲームです。「51」を知らなかった人でもすぐに遊べるゲームなので、是非みんなで「51」を遊んで見て下さい。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】