トランプのドボン

トランプにはUNOに似たゲームがあります。それは「ドボン」というゲームです。似たようなトランプゲームのルールに「アメリカン・ページワン」というものもありますが、「ドボン」は基本的に「アメリカン・ページワン」にドボンという上がり方を加えたようなものです。今回はこの「ドボン」というゲームの遊び方を紹介していきます。

「ドボン」はどんなゲーム?

台札と同数字または同マークのカードを出していき、手札が早くなくなった人が勝ち。カードには特別な効果があるカードがあり、「ドボン」という特殊な上がり方もある。

ゲームの概要

  • 道具:トランプのみ
  • 使用トランプ:52枚(ジョーカー除く)
  • 難易度:★★☆☆☆
  • 推奨人数:2~8人
  • こんな人にオススメ:UNOのようなゲームをやりたい方


「ドボン」の基本の遊び方

遊び方の手順

  1. カードをシャッフルし、全プレイヤーに5枚配る。
  2. 残りのカードは山札とし、1枚めくって台札にする。
  3. 順番を決めて順に台札と同数字または同マークのカードを出していく。


  4. 特殊カードがあり、出した場合は特別な効果を発揮する。
  5. (効果は特殊カードを参照)

  6. このように続けていき、手札が一番はやくなくなった人が勝ち。
  7. 手札の数字の合計が台札の数と同じ場合は全て出すことができる。このとき「ドボン」と言う。

特殊カード(役札)

  • 8のカード/エイト Wild
  • 台札がどのマームのときでも出せるオールマイティカード。次の台札となるマークを指定できる。

  • Jのカード/ジャンプ Skip
  • 次のプレイヤーの順番が飛ばされる。

  • Qのカード/クイックターン Reverse
  • 順番が逆回りになる。

  • 2のカード/ツー Draw Two
  • 次の順番のプレイヤーは山札から2枚取らなければならない。もし、次のプレイヤーが「2」のカードを出したら回避できる。それ以降も同様で、「2」を出せなかった人が出された「2」のカードの枚数×2枚を山札から取らなければならない。

  • 3のカード/スリー
  • 次の順番のプレイヤーは山札から3枚取らなければならない。もし、次のプレイヤーが「3」のカードを出したら回避できる。それ以降も同様で、「3」を出せなかった人が出された「3」のカードの枚数×3枚を山札から取らなければならない。



ポイント

  • 特殊カードを上手く使って有利にゲームを進める。

注意事項

  • 他のプレイヤーの手札は見てはいけない。


ローカルルール・オプショナルルール

  • アメリカン・ページワンのように、残り2枚を出す場合には「ページワン」、最後のカードを出すときには「ストップ」とコールしなければならない。また、忘れた場合はペナルティーが課せられる。
  • 「ドボン」を使う場合、2枚のカードの場合のみ四則演算(+、-、×、÷)で台札と同じになる時にも出せる。(例:台札が「8」の場合、「2」と「4」のカードが出せる(2×4=8のため))

おわりに

今回は「ドボン」というトランプゲームの遊び方を紹介しました。ドボンは基本的にはアメリカン・ページワンにドボンという上がり方を加えたルールです。残りの手札の枚数が多くても、逆転できるところが面白いところです。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】