トランプのゲームと言えば、『ババ抜き』を思い浮かべるかもしれませんが、同じようなルールで遊べる『ジジ抜き』というゲームがあります。ジジ抜きはババ抜きとは異なり、どれが『ジジ』かが分からないため、最後までドキドキハラハラするゲームとなっています。そこで、今回はトランプのジジ抜きの遊び方やルールについて紹介します。

ジジ抜きはこんなゲーム

はじめに無作為に1枚抜いたカードを同数配り、1枚ずつ他者のカードをとり同数字のカードのペアを捨てていく複数人で遊ぶトランプゲーム。最後に残った1枚のカードを持っていた人が負け。

ゲームの概要

  • 使うトランプ:53枚(無作為にカードを1枚抜く)
  • 道具:トランプのみ
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 推奨人数:3~9人
  • こんな人にオススメ:手軽にトランプゲームを楽しみたい方


基本の遊び方

ジジ抜きの手順

  1. カードをシャッフルし、無作為に1枚抜いた後、順番に配る。
  2. ジジ抜きのやり方_01

    ジジ抜きのやり方_02

  3. 手札を確認して同数字の2枚のペアを捨てる。
  4. ジジ抜きのやり方_03

  5. 最初の人から隣の人の手札を1枚取り、自分の手札にする。
  6. ジジ抜きのやり方_04

    ジジ抜きのやり方_05



  7. 手札に同数字の2枚のペアがあれば捨てる。
  8. ジジ抜きのやり方_06

  9. 順番に手札を取っていき、手札がなくなった人から抜けいく。
  10. ジジ抜きのやり方_07

    ジジ抜きのやり方_08

  11. 最後までカードを持っていた人が負け。
  12. ジジ抜きのやり方_09



ポイント

  • 自分以外に手札が見えないようにする
  • ジジ(抜いたカード)が何かを予測する

注意事項

  • 他のプレイヤーの手札を覗かないこと。
  • 必ず同数字の2枚ペアのみを捨てること。
  • 最初に抜いたカード(ジジ)を見ない。

ローカルルール、変則ルール

  • 最後まで残った人(「ジジ」を持っていた人)が勝ち
  • 数字とマークの両方が2枚揃ったら捨てられる。


ジジ抜きのトリビア

  • 『ジジ抜き』のことを『ジジババ抜き』と呼ぶこともある。

おわりに

今回はジジ抜きについて紹介していきました。ジジ抜きはババ抜きのルールを少し変えただけの簡単なゲームです。ババ抜きと異なり、どのカードが『ジジ』なのかが最後まで分からないため、最後までハラハラする展開になり面白いですよ。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】