手軽にトランプを楽しめるゲームといったら『ババ抜き』を思い浮かべる人が多いでしょう。ババ抜きは小さなお子さんからお年寄りまで、誰でも簡単に楽しめるトランプゲームです。なぜなら、ルールがとても簡単だからです。勝敗も運に左右されることが多いため、実力差がつきにくいことも、ババ抜きの特徴でもあります。そこで、今回はババ抜きの遊び方やルールについて紹介しています。

ババ抜きはこんなゲーム

はじめにジョーカーを1枚入れたカードを同数配り、1枚ずつ他者のカードをとり同数字のカードのペアを捨てていく複数人で遊ぶトランプゲーム。最後にジョーカーを持っていた人が負け。

ゲームの概要

  • 使うトランプ:53枚(数札&絵札52枚+ジョーカー1枚)
  • 道具:トランプのみ
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 推奨人数:3~9人程度
  • こんな人にオススメ:手軽にトランプゲームを楽しみたい方


基本の遊び方

遊び方の手順

  1. カードをシャッフルし、全てを全プレイヤーに均等に配る。
  2. ババ抜きのやり方_01

  3. 各プレイヤーは手札を確認して同数字の2枚のペアを捨てる。
  4. ババ抜きのやり方_02

  5. 順番に最初の人から隣の人の手札を1枚取り、自分の手札にする。
  6. ババ抜きのやり方_03

    ババ抜きのやり方_04



  7. 手札に同数字のペアがあれば捨てる。
  8. ババ抜きのやり方_05

  9. 順番に手札を取っていき、手札がなくなった人から抜けいく。
  10. ババ抜きのやり方_06

    ババ抜きのやり方_07

  11. 最後までジョーカーを持っていた人が負け。
  12. ババ抜きのやり方_08



ポイント

  • 自分以外に手札が見えないようにする。
  • ジョーカーを取らないようにする。
  • ジョーカーを持っていた場合は相手に取らせる。

注意事項

  • 他のプレイヤーの手札を覗かないこと。
  • 必ず同数字の2枚ペアのみを捨てること。

ローカルルール、変則ルール

  • 最後まで残った人(ジョーカーを持っていた人)が勝ち。
  • 数字とマークの両方が2枚揃ったら捨てられる。
  • 同数字かつ黒カードと赤カードのペアの場合のみ捨てられる。


ババ抜きのトリビア

  • 昔はジョーカーを1枚加えるのではなく、クイーンを1枚抜いた形でゲームが行われていた。
  • ババ抜きは英語で「Old Maid(老嬢)」と呼ぶ。
  • 「Old Maid」の由来は1枚のクイーンが1組になる(結婚する)相手がおらず、売れ残りになるということから名付けられた。
  • トランプのババ抜きから最後に損をしたり、そんな役回りに当たることを「ババを引く」「ババをつかむ」と言うようになった。

おわりに

今回はトランプのババ抜きというゲームについて紹介していきました。ババ抜きは誰でも簡単にできるゲームですので、気軽に楽しみたい方にとてもオススメです。みんなでワイワイ楽しんだり、ジャンケンの代わりに誰が負けかを決めたりするのにピッタリのトランプゲームとなっています。是非みんなでババ抜きをやってみましょう。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】