ページワン

トランプゲームにはあまり知られていないけれど、みんなで簡単に遊べるゲームも数多くあります。その中の1つが「ページワン」というゲームです。ページワンは知らなかった人でも、その場でルール説明すれば簡単に理解できて楽しめるゲームとなっています。そこで、今回は「ページワン」の遊び方について紹介していきます。

ページワンはこんなゲーム

親がカードを手札から1枚出して、他のプレイヤーは親が出したカードと同じマークのカードを出していく。カードには強さの順番が決められていて、1番強いカードを出した人が次に親となる。また、親が出したカードと同じマークのカードが手札にない場合は、山札から1枚ずつ同マークのカードがでるまで手札に加える。最初に手札がなくなった人が勝ち。

ゲームの概要

  • 使うトランプ:53枚(ジョーカー1枚を除く)
  • 道具:トランプのみ
  • 難易度:★★☆☆☆
  • 推奨人数:3~6人
  • こんな人にオススメ:駆け引き戦が好きな方


基本の遊び方

ページワンの手順

  1. トランプをシャッフルし、プレイヤー全員に4枚のカードを配る。
  2. 残りのカードは山札として裏向きに置く。
  3. ページワンのやり方_01

  4. 順番を決めてから最初のプレイヤーが親となり好きなカードを場に1枚出す(台札となる)。
  5. ページワンのやり方_02

  6. 順番に他のプレイヤーは台札と同じマークのカードを手札から1枚出す。手札に台札と同じマークのカードがない場合は山札を引いて手札にする。
    (台札と同じマークが出るまで山札を引く。)
  7. ページワンのやり方_03

    ページワンのやり方_04

    ページワンのやり方_05



  8. 一番強いカードを出した人が親となり、次に最初にカードを出す。
    (出したカードは捨て札になる。)
  9. ページワンのやり方_06

    ページワンのやり方_07

    ページワンのやり方_08

  10. これを繰り返して、手札を減らしていく。
  11. 残り2枚のカードを出す時は「ページワン」、最後のカードを出す時は「ストップ」とコールする。
  12. コールしていないことを指摘された場合は、ペナルティとして山札から5枚のカードを引かなければならない。
  13. ページワンのやり方_09

    ページワンのやり方_10

  14. 一番最初に手札をなくした人が勝利し、ゲームが終了となる。
  15. ページワンのやり方_11



ポイント

  • 山札がなくなった場合は捨て札をシャッフルして山札にする。

禁止事項

  • 他のプレイヤーの手札を見てはいけない。
  • 山札からカードを引く場合は台札と同じマークがでた時に、引いたカード出さなければならない。
    (強いカードが欲しいからといって、台札と同じカードが出た後に引き続けることはできない。)
  • 最後にジョーカーを出してはいけない。最後にジョーカーが残ってしまった場合は、「ページワン」と宣言して、山札から1枚引いてからジョーカーを出す。

ローカルルール

  • 手札の枚数を変える(4枚以上または以下)。


ページワンのトリビア

  • 「アメリカンページワン」というトランプゲームもあるが、「ページワン」とは異なる。
  • 同じようなトランプゲームに「芋掘り」「オンリーワン」と呼ばれるものがある。
  • ページワンは和製英語とされていて、英語では最後の1枚を宣言する時には普通「ラストカード」と言う。

おわりに

今回は「ページワン」というトランプゲームの遊び方について紹介しました。ページワンは意外と知られていないトランプゲームですが、ルールも単純でみんなで遊べるのでオススメのゲームとなっています。似たようなルールの「芋掘り」や「オンリーワン」も合わせて覚えておくと、ゲームのレパートリーが増えて面白いかもしれませんね。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】