神経衰弱

トランプゲームで遊ぶときに、簡単だけと頭を少し使うゲームがしたいと思ったことはありませんでしょうか。そんな時に、オススメなのが「神経衰弱」というゲームです。神経衰弱はトランプゲームの中でも有名なゲームですので、知っている方も多いかと思います。しかし、神経衰弱には多くのローカルルールやオプショナルルールがありますので、今回は神経衰弱の遊び方について紹介していきたいと思います。

神経衰弱はこんなゲーム

裏面にしたカードを2枚ずつめくっていき、同数字のペアを取っていくゲーム。同数字のペアが出る限り、連続してカードをめくることができる。全てのカードがなくなったらゲーム終了。ゲーム終了時に一番多くカードを取れた人が勝ち。

ゲームの概要

  • 使用するカード:52枚(ジョーカー以外)
  • 道具:トランプのみ
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 推奨人数:2~8人
  • こんな人にオススメ:記憶力を試したい人


基本の遊び方

神経衰弱のやり方

  1. ジョーカー以外のカード52枚をよくシャッフルする。
  2. カードを全て重ならないように裏向きに並べる。
  3. 神経衰弱の遊び方_01

  4. 順番を決めて、順番に2枚のカードをめくる。
  5. 神経衰弱の遊び方_02



  6. 2枚のカードが同じ数字だった場合は、そのカードは自分のものになる。また、再び2枚のカードをめくることができる。(引いた2枚のカードが同じ数字である限り、何回でも連続してめくることができる。)
  7. 神経衰弱の遊び方_03

    神経衰弱の遊び方_04

  8. 2枚のカードが異なる数字だった場合は、2枚のカードを元に戻し、次の人に順番が移る。
  9. 神経衰弱の遊び方_05

  10. 全てのカードが無くなったらゲームが終了。
  11. 神経衰弱の遊び方_06

  12. 枚数を数えて一番多くカードを持っていた人が勝ちとなる。
  13. 神経衰弱の遊び方_07



ポイント

  • めくったカードは元の位置に戻す。

注意事項

  • カードに折り目やキズをつけてはいけない。

ローカルルール

  • ジョーカーを1枚入れておき、出した人は1回休み
  • ジョーカーを2枚入れておき、ジョーカーのペアを取れた人はあらかじめ決めておいたボーナス点が入る(2倍の4枚として扱うなど)。
  • 残り枚数が少なくなったらシャッフルする。
  • めくったカードを戻す際に移動させてもよい。
  • 3枚めくることができ、そのうち同数字のカードが2枚あったら取れる。
  • 3枚めくることができ、3枚とも同数字の場合取れる。(カードは最後に13枚余る)
  • 4枚めくることができ、4枚とも同数字の場合取れる。


神経衰弱のトリビア

  • 小学館国語辞典によると、神経衰弱は神経がイライラするからこの名前になったらしい。

おわりに

今回は「神経衰弱」というトランプゲームの遊び方について紹介していきました。神経衰弱は運も必要ですが、記憶力も勝敗の大きな要因になります。ですので、簡単なルールなわりに頭を使う面白いゲームとなっています。簡単なトランプゲームに飽きた人は是非「神経衰弱」をやってみてはいかがでしょうか。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】