トランプのエカルテ

トランプゲームには2人用のゲームがいくつかあります。その中に「エカルテ」という遊び方があります。「エカルテ」はあまり聞いたことがない肩が多いかと思いますが、比較的簡単に遊べるゲームなので、2人でトランプで遊びたい方は是非覚えておきましょう。

「エカルテ」はどんなトランプゲーム?

「A」と「K」~「7」までのカードで親と子で出したカードの強さを競うゲーム。ゲームが始まる前に子が手札の交換を申し入れたり、親がそれを拒否したりできる。ゲーム開始前のやりとりにより、買った時の点数数が異なるところが特徴。

ゲームの概要

  • 道具:トランプのみ
  • 使用トランプ:32枚(ジョーカーと2~6を除く)
  • 難易度:★★☆☆☆
  • 推奨人数:2人
  • こんな人にオススメ:2人で心理戦を楽しみたい方


「エカルテ」の基本の遊び方

遊び方の手順

  1. 親がカード(ジョーカーと2~6を除く32枚)をシャッフルした後、子と自分に5枚ずつカードを配る。 
  2. (残りのカードは山札とする)

    エカルテのやり方_01

  3. 山札から1番上のカードをめくり、そのカードのマークを切り札とする。
  4. エカルテのやり方_02

  5. 手札を見て子は手札と山札を交換したいと思ったら「プロポーズ」とコールし、親はそれを許可するかどうか決める。
  6. (カードの強さを参照のこと)

    エカルテのやり方_03

    エカルテのやり方_04



  7. 親が「プロポーズ」を許可した場合、子は1回のプロポーズにつき5枚まで手札を山札と交換することができる。また、親も子が交換した枚数と同数手札を交換する
  8. (プロポーズは山札がなくなるまで何回もできる)

    エカルテのやり方_05

  9. 親が「プロポーズ」を拒否するか、子が「プロポーズ」なしを選択(このときは「スタンド」とコールする)したらゲームがスタートする。
  10. エカルテのやり方_06

    エカルテのやり方_07

  11. 子は手札の中から1枚カードを場に出す。
  12. エカルテのやり方_08

  13. 親は子が出したカードと同じマークのカードを出す。同じマークがない場合は切り札か捨て札として別のマークのカードを出す。
  14. エカルテのやり方_10



  15. 強いカードを出した方がその回の勝ちとなる。
  16. (カードの強さ参照)

    エカルテのやり方_11

  17. 下の点数表を参照し、点数をひかえるか覚えておく。
  18. エカルテのやり方_12

  19. これを5回繰り返したらゲームが終了となり、5回の合計得点が多い方が勝ち。

ポイント

  • プロポーズをする(許可する)方が良いか。しない(拒否する)方が良いかよく考える。

禁止事項

  • 相手の手札は見てはいけない。

ローカルルール/追加ルール

  • ジョーカーを含めて切り札とするルール。


「エカルテ」のトリビア

  • 「エカルテ」はフランス語で「捨て札」という意味。

おわりに

今回は「エカルテ」という2人用のトランプゲームの遊び方を紹介しました。「エカルテ」はあまり知られていないゲームですが、初めてでもすぐにルールを覚えられると思います。2人でトランプゲームで遊ぶ機会がある方は是非試してみて下さい。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】