トランプのジンラミー

2人でトランプゲームをしたいけど、知っているゲームが少ないなんてことありますよね。確かに、3人以上でやった方が楽しいゲームがトランプにはたくさんあります。しかし、2人でも十分に楽しめるゲームも色々あります。その一つが、「ジンラミー」というゲームで世界的に楽しまれ得ているトランプゲームです。そこで、今回は「ジンラミー」の遊び方について紹介していきます。

「ジンラミー」はこんなゲーム

2人のプレイヤーにカードを10枚ずつ配り、交互に山札または捨て札から1枚ずつ引くか手札を捨てる。各プレイヤーは手札を「セット」(3枚以上の同数字)または「ラン」(同マークのれん版)という組み合わせになるように操作していく。ゲーム終了時に手札の状態により点数が決められ、点数が低い方が勝ち。



ゲームの概要

  • 道具:トランプのみ
  • 使用トランプ:52枚(ジョーカー除く)
  • 難易度:★★★☆☆
  • 推奨人数:2人
  • こんな人にオススメ:2人でじっくりゲームをしたい方

「ジン・ラミー」の基本の遊び方

遊び方の手順

  1. カードをシャッフルして、親が両プレイヤーに10枚ずつカードを配る。
  2. 残りのカードを山札とし、山札から1枚引いて捨て札として表面して置く。


  3. 親でないプレイヤーは捨て札を取っても取らなくても良い。
  4. (取らない場合は親からゲームスタート。)

  5. 以降、各プレイヤーは手札を「セット」または「ラン」という組みするために、以下の行動をいずれかを交互に行う。
  6. ・捨て札の一番上か山札の一番上からカードを引く。

    ・手札を1枚捨てて、捨て札にする。

  7. 手札の残りカードが10点以下の場合、「ノック」をしてゲームを終了させることができる。また、0点になった時は必ずノックをしなければならない。
  8. (「ノック」が行われない場合、山札が残り2枚になった時にゲームが終了する。)



  9. ノックをしたプレイヤーは手札を相手に公開し、組みカードと残りカードに分ける。
  10. ノックをしてないプレイヤーは、自分の手札を相手の組みカードに追加することができる。(これをつけ札と言う)
  11. 最後に各プレイヤーの点数を算出し、得点が少ない方が勝ち。
  12. (勝ったプレイヤーは以下の得点表にしたがって、点数を獲得することができる。)

ポイント

  • 親はゲームごとに交代すること。
  • 捨て札は表面にしておくこと。

禁止事項

  • 他プレイヤーの手札を見ないこと。
  • 1番上以外の捨て札は引いてはいけない。

ローカルルール・追加ルール

  • 勝者の得点を変える。
  • ジョーカーを入れて全ての札の代わりとして使用可とする。


「ジンラミー」のトリビア

  • 「ジンラミー」は「ラミー」というトランプゲームから派生したゲーム。
  • 世界三大カードゲームの一つ。(他はポーカー、コントラクトブリッジ)

おわりに

今回は「ジンラミー」というトランプゲームについて紹介していきました。ジンラミーは世界三大カードゲームの中でも比較的ルールが簡単で、手軽に楽しめるゲームです。また、勝者に得点が付くため、マッチ制にして何度も対戦して勝者を決めることができるため、長時間でも楽しめるカードゲームです。2人でトランプゲームを楽しみたい方は是非「ジンラミー」をやってみましょう。

トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】