ハイ&ロー

手軽に簡単なトランプゲームを楽しみたい方は「ハイ&ロー」がおすすめです。

なぜなら、「ハイ&ロー」はカードの数字が大きいか小さいかを当てる簡単なゲームだからです。

ハイ&ローは様々なルールでいろんな人が遊んでいると思いますが、今回は2人で遊べる対戦型の遊び方の1つを紹介したと思います。

ハイ&ローはこんなゲーム

表向きのカードと裏向きのカードを1枚ずつ出し、裏向きのカード数字がが表向きのカードの数字よりも大きいと思ったら「ハイ」、小さいと思ったら「ロー」と宣言する。
裏向きのカードをめくり、宣言が当たった場合は勝ち、外れた場合は負けとなる。

ゲームの概要

  • 使うトランプ:52枚(ジョーカー2枚以外)
  • 道具:トランプのみ
  • 難易度:★☆☆☆☆
  • 推奨人数:2人(対戦型の場合)
  • こんな人にオススメ:手軽に2人でトランプゲームを楽しみたい方


「ハイ&ロー」の基本の遊び方

遊び方の手順

※以下の遊び方の手順はオリジナルを含む場合があります。

今回は2人でできる対戦型のハイ&ローを紹介したいと思います。

カードの大きさは以下のようにカードの数字が大きい順になります。

K>Q>J>10>…>3>2>A

  1. カードをよくシャッフルし、均等に配り手札とする。
  2. ハイ&ローの遊び方_01

  3. 最初の「攻め」と「守り」を決め、「攻め」は裏向きに「守り」は表向きに手札から1枚カードを出す。
  4. ハイ&ローの遊び方_02

  5. 「攻め」側は自分のカードの数字が相手より大きいと思ったら「ハイ」、小さいと思ったら「ロー」と宣言する。
  6. ハイ&ローの遊び方_03

  7. カードを裏返し予想が当たったらカードをカードを取得、外れたらカードを捨てる。
  8. ハイ&ローの遊び方_04

    ハイ&ローの遊び方_05

  9. 「攻め」と「守り」を交代し、ゲームを繰り返す。
  10. ハイ&ローの遊び方_06

  11. 手札がなくなったらゲーム終了。取得したカードが多い方が勝ち。
  12. ハイ&ローの遊び方_07



ポイント

  • これまでに出たカードから次のカードを予想する。
  • 守り側の表情を見てカードを予想する。(守り側が出すカードを見るルールの場合。)

注意事項

  • 裏返したカードが見えないようにする。
  • 必ず宣言した後にカードを裏返す。

アレンジルール

  • 手札を半分にして、守り用のカードは見てから自由に出せるルール。自由にカードが出せるので心理戦が楽しめる。
  • ジョーカーを加えるルール。ジョーカーはカードの中で1番大きいとする。守り側が勝った場合はそのカードを守り側が取得できる。

おわりに

今回はハイ&ローのトランプゲームの遊び方を紹介しました。
特に今回紹介した対戦型のハイ&ローは2人で手軽に楽しむことができるので、ぜひやってみてください。



トランプカードの定番!
【ブラックバイスクル】